TOP


- 選定方法 -

フレックスホーンの選定は、加工するワークの内径、材質、加工目的に合わせ、
サイズ、砥粒度、砥粒の種類を選択することにより行います。
砥粒度については、「4. 表面粗さの目安」も考慮してください。。

1. サイズを決める

ワーク内径に適合するフレックスホーンの形式(サイズ)を選択します。

1) ワークの内径 直径D を計測してください。
2) 「型式(サイズ表)」の適用内径に見合った型式を選んでください。
3) フレックスホーンの実際の寸法 直径d は、型式に対して 5〜10% オーバーサイズになって
  います。これは、フレックスホーンの砥粒を、遠心力により、円筒内面全体に当てるため
  です。

  選定の例:
  直径Dが20mm の場合、
  フレックスホーン形式 BC-20(ワーク内径適用範囲 19〜21mm)を選択。 

  ※フレックスホーンの適用範囲は、型式に対して、およそ ±5% です。

  (サイズ表はこちらをご覧ください。)


2. 砥粒の種類を決める

フレックスホーンの砥粒は、標準取扱品として3種類あります。
ワークの材質に合わせて選択してください。

・ SC シリコンカーバイト(炭化ケイ素)
  ワークの材質が比較的硬いもの
  (鋳鉄、鋳鋼、ダクタイル、普通炭素鋼、焼入鋼、工具鋼、黄銅等)

・ AO アルミオキサイト(酸化アルミナ)
  ワークの材質が比較的軟らかいもの
  (アルミニウム、ステンレス、真鍮、亜鉛、銅、鉛、その他非鉄金属等)

・ LA ルビゲートアルミナ
  きめ細かい仕上げを必要とするもの
  (鉄、非鉄金属のウルトラ仕上げ、樹脂系パーツ等)

※次に示す砥粒は、特注品として申し受けます。
  BC:ボロンカーバイト 
  WC:タングステンカーバイト 
  Z:ジルコニア 
  D:ダイヤモンド


3. 砥粒度を決める

フレックスホーンの砥粒の粒度(グリッド)は、標準取扱品として7種類あります。
ワークの加工目的に合わせて選択してください。
各砥粒度は、フレックスホーンのシャフト先端部に色を付けて識別しています。

ワーク加工目的 推奨粒度(グリッド) 砥石形状
主にバリ取りに使用 #60、#120、#180 粗い砥粒
主に研磨・仕上げに使用 #240、#320、#600 細かい砥粒
主に超仕上げに使用 LA(#1000相当) きめ細かい砥粒

例えばバリを取った後に、仕上げ加工したい場合は、#120でバリを取り除いた後に、#320で再研磨するなど、数種類の砥粒を選択することで、バリ取り→粗加工→仕上げの順で加工できます。
各砥粒の加工前と加工後の表面粗さは、「表面粗さの目安」の表を参考にしてください。

 ●灰色#60 ○無色#120 赤色#180 紺色#240 ○白色#320 桃色#600 
 ●緑色LA(#1000相当)

※次に示す砥粒度は、特注品として申し受けます。
  #20 #40 #80 #400 #800


例えば、サイズ = 25mm、砥粒種類 = SC(シリコンカーバイト)、砥粒度 = #120の場合、
型式は、BC25 SC120 となります。

 
BC25 SC120

4. 面粗さの目安

加工前粗度に対し、各砥粒による研削後の面粗さの目安を表にしました。
加工前の粗度が粗いワークを、細かく仕上げたい場合は、複数の砥粒を使用して、
順番に仕上げていくのが効率的です。

SC砥粒の面粗さの目安
加工前の面粗さ Rz25
Rz18
Rz12.5
Rz6.3
Rz3.2
Rz1.6〜
加工後の面粗さ Rz18〜12.5
Rz12.5〜6.3
Rz6.3〜3.2
Rz3.2〜1.6
Rz1.6〜0.8
Rz0.8〜
鋳鉄(F.C)
鋳鋼(S.C)
ダクタイル(FCD)
その他比較的
粘りの少ない材質
SC#60 SC#120 SC#180 SC#240 SC#320 SC#600
普通炭素鋼
SS S-C
STKM
SF
SC#60 SC#120 SC#180 SC#240 SC#320 SC#600
合金鋼
SNC SNCM
SCr SCM
SKSUJ SKS
SC#60 SC#120 SC#180 SC#240 SC#320 SC#600
AO砥粒の面粗さの目安
加工前の面粗さ Rz25
Rz18
Rz12.5
Rz6.3
Rz3.2
Rz1.6〜
加工後の面粗さ Rz18〜12.5
Rz12.5〜6.3
Rz6.3〜3.2
Rz3.2〜1.6
Rz1.6〜0.8
Rz0.8〜
非鉄金属
青銅
アルミニューム合金
亜鉛
AO#120 AO#180 AO#240 AO#320 AO#600 AO#600
ステンレス鋼
SUS
SHE
AO#180 AO#240 AO#320 AO#600 AO#600 -
LA砥粒の面粗さの目安
LAは、グリット#1000相当で、超仕上げポリッシュ用です。面粗度はRz0.8以下がターゲットです。
※ ワーク材質や使用条件により、上記に示した面粗度が得られない場合があります。
  あくまでも目安として評価してください。
※ 特に面粗度を重視する場合は、ご希望の値になるか検査(計測)しながら作業してください。
※ ステンレスは、砥粒度ランクを上げて選択してください。