(ローター用フレックスホーン)

TOP

>

よくある質問

型式(サイズ表)


使用例


- ブレーキディスクローターの研磨 -

型式 粒度 粗さ
RMFH60Z25 #60 粗目
RMFH120Z25 #120 中目
RMFH240Z25 #240 細目
サイズは直径63mmの1種類

特殊形状のフレックスホーンにより、ブレーキディスクローターの表面研磨が可能です。ブレーキペダルを踏んだときに出るブレーキ鳴きの軽減、表面焼けのならし、錆の除去などに効果を発揮します。また、ローターを切削機で表面加工した後のバイト目(切削目)の除去、及び、無方向性パターンの形成に役立ちます。
作業は、ローターを旋盤のスピンドル等に取り付けて125~210rpmで回転させながら、ドリルチャックに固定したローター用フレックスホーンを300~600rpmで同時に回転させて、ローターに軽く均一に押し当て、研磨するという方法で行います。ブレーキディスクローターの他、フライホイールの表面仕上げにもご利用いただけます。砥粒の成分はアルミナ75%、ジルコニア25%で、粗目、中目、細目、3種類の粒度から選択できます。