YUKO TOP

廃油ヒーター&ボイラー

クリーンバーンヒーター

よくある質問

よくある質問 (ヒーター)

Q01: 灯油暖房と比べてどちらが得ですか?
A01: クリーンバーンヒーターの方が断然、経済的です。燃料費がかからないだけでなく、廃油を処理しますので一挙両得です。

Q02: どのくらい廃油を燃やすことができますか?
A02: 例えばCB-3500-IMPという機種で、1時間あたり約10リットルの廃油を燃焼させることができます。

Q03: 廃油は何でも使えますか?
A03: クルマやバイクなどのブレーキオイルやクーラントは燃やせません。エンジンオイルやギヤオイルをご使用ください。

Q04: 燃焼時ススや黒煙は出ますか?
A04: クリーンバーンは完全燃焼をしますから、ススや黒煙は一切出ません。安心してご使用頂けます。

Q05: 建物内の温度はどのくらいになりますか?
A05: 工場内が常に16℃位になるように設定します。作業環境抜群です。

Q06: 環境への影響は?
A06: 自然環境へ直接的に影響を与えることはありません。米国の厳しい環境基準“EPA” をクリアしていますから安心です。
EPA = Environmental Protection Agency (米国環境保護局)

Q07: 工事が大変なのでは?
A07: 据え付け工事、煙突工事が必要になります。工場のレイアウトなどいくつかの条件によっても異なりますが、1台の据え付けは、およそ3〜4人で2日ほどの工事で済みます。

Q08: どの機種を選べばいいですか?
A08: クリーンバーンは4機種あります。冬期の平均的外気温度や建物の規模、構造、天井の高さ、断熱材の有無、気密性、ドアの開閉状況など、さまざまな条件を加味して機種を選定します。

Q09: メンテナンスに手間が掛かるのでは?
A09: 1シーズン(約1,000時間)毎に残灰清掃とオイルラインのフィルターを清掃します。また2シーズン毎にバーナー部のオーバーホールを行います。

Q10: 製品の保証期間は?
A10: 燃焼室は5年間、構成備品は1年間の保証です。

Q11: 廃油の焼却炉としても使えますか?
A11: いいえ、あくまでも暖房機としてのみお使いいただけます。

Q12: 米国製で大丈夫ですか?
A12: クリーンバーンは米国で20年の販売実績があり、北米では廃油暖房機の40%のシェアがある安心のブランドです。